製 造 工 程

原材料の炊き上げ

原料炊き上げ


原材料のセット→砂糖+水飴+水の混合。
砂糖と水飴の比率は2対1。

地釜にて摂氏155度まで炊き上げる。
水分は、2パーセント程度残る。

 

味付け、着色、冷却

味付け、着直、冷却


冷却盤にて着色、着香、酸味料の添加。
飴の冷却と捏ね上げを冷却盤にて手作業にて行う。

捏ね上げ、冷却

捏ね上げ、冷却


ニーダーにて、冷却及び捏ね上げ。

ニーダーは円盤の下に冷却水が流れ、回転しながら飴の押し込み、捏ね上げ、冷却を同時の行う。

 

飴の成形

飴の成形

バッチロール→サイジングロール→スタンピング→くず落とし。
飴のばし→飴を棒状にする。→成型 →くず落とし。

金属探知、目視チェック

金属探知、目視チェック

金属探知機(鉄1.2mm、非鉄1.5mm)数値は、直径。
目視チェックにより、成型の確認や不純物の排除。

ピロー包装

ピロ包装

裸のキャンディーを輪転機に入れて、レーン上を走らせて自動的に、ピロー包装する。
温度管理とカッターの調整に留意します。

出来上り

ハートキャンディの出来上がり

吸入器や送風機による、空袋の排除と目視による包装不良の排除。



ハートとスターキャンディ各1㎏袋